住環境に雨水が入らないようにする方法|屋根を防水加工にする

つみ木

住宅の見た目をきれいに

作業員

住みやすい住宅にする

住みやすい住宅にするために、住宅はその地方にあったものでないと意味がありません。名古屋では外壁塗装する場合、名古屋の時期にぴったりの塗装が良いでしょう。名古屋の塗装は、その気候によって変わってきます。例えば、日本の住宅は夏場を意識した建物が多くなっていますが、名古屋は夏場の暑さよりも冬場の寒さの方が厳しいです。何故かと言えば、冬場は鈴鹿山脈や伊吹山地の間にある平地から寒い風が流れてくるからです。そうだとすれば、冬場は断熱性に優れた塗料を使うことが必要になります。塗料には、断熱塗料と言われるものがありますので、塗装してもらうことで冬場は電気や灯油の節約にもつながるでしょう。結果的に、費用が安くなります。

沿岸部の場合はどうか

名古屋の内陸部は寒さに注意をする以外に特に注意点はありませんが、沿岸部に関しては潮風が吹きますので、金属部分はサビやすくなってしまいます。サビを防ぐためには酸化を防ぐば良いのですが、酸化を防ぐためにはアルカリ性と中和させることが重要になります。そこで、アルカリ性を多めに含む塗料を使うことで、サビにくくなります。ただし、すべての場所に錆止め塗料塗る必要はありません。錆止め塗料は普通のと言うよりも値段が高くなりますので、ピンポイントに絞って塗装するべきでしょう。鉄骨むき出しの場合であればその部分を、またベランダ等があればベランダの手すりに塗装しましょう。錆止めの塗料を使える業者は名古屋にもありますが、すべての業者で扱っているわけではありませんので、事前に調べておくことが重要です。