住環境に雨水が入らないようにする方法|屋根を防水加工にする

男性

雨水が入ることを防止

屋根

新しいものに交換

屋根を覆っている屋根材は、水をはじく性質のある素材で作られています。そのため基本的には雨水を通さないのですが、長年の使用により、徐々に割れやすくなります。割れると、そこから屋内に雨水が入っていくことになるので、それを防ぐためには定期的に防水工事をすることが必要とされています。具体的には、割れた屋根材、あるいは割れそうな屋根材を、新しいものに交換するのです。屋根材の耐用年数は、種類によって大きく異なっています。洋瓦の場合は約10年で、日本瓦なら約20年、ガルバリウム鋼板などの金属板の場合は、約30年とされているのです。したがって防水工事は、種類と耐用年数とを把握しておき、それに合わせておこなうことが肝心と言えます。

劣化を防ぐ塗装

防水工事は、屋根材に塗料を塗るという方法でもおこなわれています。屋根材と同じように水をはじく性質があり、なおかつ弾性もある塗料を塗るのです。塗っておくと、雨水がよりしっかりとはじかれるようになる上、屋根材が雨水の衝撃から守られることから、割れにくくなります。つまり、耐用年数が長くなるということです。たとえ割れたとしても、塗料にはゴムのような弾性があるので、簡単には裂けません。そのためやはり雨水ははじかれますし、屋根材はゴム紐で束ねて固定したような状態になるため、それ以上は割れにくくなるのです。交換するよりも手軽な上に、かかる費用も少なめとなるので、塗料を使った防水工事を選択するという人も、多くいます。

RELATED LINKS

  • 外壁塗装・屋根塗装、リフォームのオンテックス東京・新宿

    外装塗装は施工実績が豊富で、人々から厚い信頼を得ている業者が良いですよね。それなら、オンテックスがお勧めですよ!

新しい生活を

作業者

リフォームは決して安い買い物ではないですよね。相談、見積もりはどこも無料なので、納得するまでオンテックスと他社と比べてみてください。皆さんもオンテックスでリフォームして明るく楽しい、新しい生活を手にいれてくださいね。

住宅の見た目をきれいに

作業員

名古屋市は、冬場は寒くて光熱費が高くなってしまいますので、塗装する場合も断熱性の高い塗料を使用しましょう。これに対して、沿岸部の近くは、海水が潮風に乗って運ばれてくるため錆びやすいので、錆止め塗料を使いましょう。

家の外壁を塗り替える

一軒家

小さな色見本を見た時に受ける印象と、外壁全体に塗料を塗った時に受ける印象は、違っているのが普通です。川崎市には、外壁塗装後に客がガッカリしてしまわないように、工事前にパソコンを使ってカラーシミュレーションを見せてくれる外壁塗装業者がいます。